「伝わる」と「伝える」の違い

こんにちは

婚活メディア「fromeeee」を仲間と一緒に運営しています朝倉です。

三重県四日市市にある「結婚相談所 みえ婚」のカウンセラーとして活動をしています。

会員様から、「デートでどんな会話をしたらいいのかわからない・・・」こんな声を耳にします。

日常生活で、私たちは毎日誰かとコミュニケーションをとって生きています。プライベートでも仕事でも、人と関わりを持つことで、自分が生かされているのです。

【コミュニケーション】

それが伝達である場合、例えば・・・今月の売上高を上司に報告する場合なら数字で報告しますよね。これは誰が言っても、誰が聞いても同じ値、数字として伝わります。

では、感情を伝える場合はどうでしょうか?
「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「腹が立った」「感動した」「好き」・・・私たちは毎日いろんな感情の中で生きています。

少なくとも「結婚したい」と思っている方は、結婚願望があるので、「感情があまりない」「無」ということはないかと思います。

私たちは自分の心の中で感情が動いたときに、伝えたくて、誰かに話をしたくなるのだと思います。

でも、その感情を伝えるのには、言葉が足りていないことが多いんです。

この写真を見て、あなたが感じたことを教えてください、と言われたら何て答えますか?

※わー春だなぁ ※今年の桜の開花はいつなのかな ※空、花、鳥、色の配色がきれいだな ※カワセミ君、あったかいな気持ちいいなって思ってるのかも ※どこに行けばリアルに見れるのかな ※今度はこんな景色のきれいな場所にデートにいきたいな ※あ、でも花粉心配だな、、、などなど、、考えたらもっといろいろありそうです。

写真を見て想像することで、感情が動きます。しかし、同じ写真を見ても、人の感情ってさまざまなんです。

例えば「嬉しい」感情を伝えたいとき、「嬉しいです」だけでは、どんなふうに嬉しいのか、どの程度の嬉しさなのか、わかりません。自分だけがわかっている状態です。それなのに「なんでわかってくれないんだ!!」と相手に責め心を持ってしまったことありませんか?

相手はきっと察してくれるだろう、とか、普通こうするよね、って勝手に思ってしまって、行き違ってしまったり、イヤな気持ちになってしまったことありませんか?

そもそも「普通」ってどういうことでしょう?自分にとっての普通が、相手にとっての普通とは限りません。

同じものを見ても感じ方、受け取り方は人それぞれ、感情の動き、種類は無限大。

それを表すには、私たちは言葉が圧倒的に足りていないのです。

だから、自分が大切にしたいと思う相手には、丁寧に言葉を伝え続けていく努力が必要です。

「わかってくれない」のは、伝わるように伝えていないからかも知れません。
決して伝えることをあきらめてはいけないのだと思います。

デートの会話は日常会話の延長です。その時だけがんばれるものではありません。普段から自分のコミュニケーションを意識していきたいですね。

この記事が少しでも、あなたの婚活の役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

朝倉美由紀

 

美由紀朝倉

みえ婚 朝倉美由紀

関連記事

  1. 婚活疲れを回避する方法

  2. 婚活成功者は『価値観の違い』を楽しめる人

  3. いざ婚活!どんな服装をすれば良い?~女性編~

  4. お見合いでお断りになる事例

  5. 自分との出会い

  6. お見合い直前!3つのチェックポイント!!

  7. お見合いの質を高める『3分33秒』の秘訣!

  8. シフト制や平日休み…サービス業の婚活は厳しい!?

  9. 夢と目標

人気記事ランキング

PAGE TOP