ロンバルディの奇跡

こんにちは。
婚活メディア『Fromeeee』を運営しています
結婚相談グランツ・吉田浩久です。

今回は「私の人生を変えた言葉」を紹介します。

“Leave everything on the field today!”
「今日自分のすべてをグランドで出し切れ!」

この言葉は、
「ロンバルディの奇跡」という
アメリカンフットボールの話で出てきます。

お伝えしましょう。

○新しいヘッドコーチ

物語の始まりは1958年のアメリカ、
ウィスコンシン州グリーンベイ。

人口10万人程のこの街を本拠地にする
プロフットボールチームのパッカーズは、
そのシーズンに1勝10敗1引分けという
史上最悪の記録を残しました。

チームの成績を上げるために
優秀な選手をスカウトしたいけど、
チームには予算が無い・・・

そんなチームに
一人の男が新しいヘッドコーチとして
迎え入れられたのです。

男の名はヴィンス・ロンバルディ。
彼にとってヘッドコーチの仕事は
初めての経験でした。

○大躍進

彼がヘッドコーチに就任した1年目。
チームのシーズン成績は7勝5敗と
劇的な改善が見られました。

そして2年目。

信じられないことにチームは、
所属していた西地区のリーグで
優勝したのです!

その後もチームは大躍進を続けました。

ロンバルディがコーチだった6年間で
じつに4回のリーグ優勝。
そのうち2回は
全米スーパーボールで優勝したのです!

○ロンバルディの指導

なぜ1勝しかできなかった弱小チームが、
短期間で全米で指折りの強豪チームに
生まれ変わることができたのでしょう?

ヘッドコーチのロンバルディは
一体どんなことをしたのでしょうか?

彼は特別なことは何もしませんでした。
優秀な選手をスカウトしたわけでもない。
並外れている作戦を教えたわけでもない。

彼がやったことはたった1つ。
「選手たちに100%を要求した」
それだけだったのです。

練習であっても試合であっても、
1プレー1プレーを全力で取り組め!
99%以下は許さない。
自分のすべてをグランドで出し切れ!

これを選手達に要求したのです。

“Leave everything on the field today!”
「今日自分のすべてをグランドで出し切れ!」

私たちはよく
「今日はこれくらいでいいや」と
60%・70%で満足してしまいます。

これでは、
結果が大きく変わることは
有りません。

婚活をされる方。

お見合いやデートのとき。
お相手と連絡を取っているとき。
100%を出し切っているでしょうか?

100%で婚活に取り組んでいくと。
得られる結果が変わってきて
結婚に近付いていきますね。

***************

最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

結婚相談グランツ 吉田浩久

関連記事

  1. 自分との出会い

  2. 決断力と行動力

  3. デートプランマニュアル

  4. 再婚希望の相手を選ぶメリット

  5. 愛され女子が持つ『6つの特徴』

  6. 婚活における「若さ」の価値

  7. プロフィールに書く3つの趣味

  8. シフト制や平日休み…サービス業の婚活は厳しい!?

  9. マリッジブルーはなぜ起きる?

人気記事ランキング

PAGE TOP