婚活相手とのLINE。コツを掴んで有効的に活用しよう!

婚活メディア『Fromeeee』を運営しております、高野です。
静岡市にある結婚相談所「静岡婚活サロン クローバー」の婚活カウンセラーとして活動しています。

結婚相談所で活動する会員様が口にするお悩みのひとつに、婚活相手の方とのLINEに関することがいくつか挙げられます。

「婚活相手の方とのLINEのやり取りが、うまく続かない」
「LINEの頻度はどのくらいが適切なのかわからない」

今の時代、コミュニケーションをとっていく中で必須となるLINE。一見使い慣れているかと思っていても、いざ婚活で使用するとなると、「あれ?これで大丈夫?」と不安になってしまう方も多いようです。
今回はそのLINEについてお話したいと思います。

LINEのやり取り、頻度はどのくらいがベスト?

LINEのやり取りの頻度については、「人それぞれなので正解は無い」というのが率直な答えです。
毎日こまめにやり取りをしたい方もいれば、LINEでのやり取りに重きを置かない方もいます。
じゃあどうしたら良いの?と思った方は、大切なポイントを2つ押さえておきましょう。

相手の波長に合わせる

すぐに既読が付き、その直後に返信が来るタイプの方でしたら、なるべく早めの返信を心掛けてみると良いでしょう。
逆に既読後に一息おいてから返信が来るようなタイプの方でしたら、こちらからの返信が毎回即座に送られてくると、それをプレッシャーに感じてしまうかもしれないので、こちらも一息おいてから返信するように意識してみましょう。

絵文字の使い方や文章の長さなども、最初のうちはお相手の熱量に合わせるように意識してみてください。まだお互いのことを知る前の段階で、友人同士で送り合うような絵文字の量や文章を送ってしまうと、驚かれてしまうかもしれません。

ふたりの会話のバランスが合わないと、テンションや熱量の違いから、LINEをすることに疲れを感じてしまいます。
お相手の様子を見ながら徐々にふたりの波長が合っていくと、交際が順調に進んでいったあともストレスなく連絡を取り合うことが出来ます。

自分と相手の希望を伝えあう

相手の波長を読み取ることは大事ですが、それによって自分のペースが乱れてしまったり、ストレスを感じてしまっては元も子もありません。

そんな場合は、素直に「こうしたい」という気持ちを伝えましょう。

「毎日こまめに連絡をしたいタイプなのですが、良いですか?」と迷惑ではないか確認してみたり、「自分から頻繁に連絡するタイプではないのですが、気を悪くしないで貰えたら嬉しいです。」と伝えておくことで、連絡頻度においてのトラブルや不安を避けることが出来ます。

「こうしたい」を伝えることは、もうひとつ婚活において大切な行動に繋がっています。
それは、いま連絡を取り合っている方が、自分の素直な気持ちを伝え合える相手か。ということです。
結婚生活となると、本心を伝えられるかどうかがとても大切なポイントとなります。
本心を伝えられる相手か。それをちゃんと受け止めてくれる方か。ひとつの判断基準にもなりますよ。

おすすめの話題や内容は?

食べ物や行きたい場所の話題はテッパン!

話題性に事欠かないのが食べ物や行きたい場所の話です。
今日食べたものの話から、好きな食べ物の話、普段足を運ぶお店の話、自炊の話などをしていくと、自然と普段の生活スタイルを知れるような会話にまで広げることが出来ます。

行きたい場所の話も今後のデートプランの話に繋がりやすいのでおすすめです。
行きたい場所の候補がいくつもあるとデートの計画を立てやすいだけではなく、少し先の未来の想像をする機会が増えるので、交際が続いていくことをイメージしやすくなります。

お互いに同じようにイメージを持てていれば、その後のおふたりの交際がスムーズに進展していきやすくなるので、ぜひ積極的に話して今後のイメージも膨らめていってみてください。

以前話した内容に関することに触れてくれると「興味をもってくれている」

「今日仕事で○○さんが行ってみたいと言っていたお店の前を通りました。素敵な雰囲気のお店ですね!」など、以前に話した内容に関することに触れてくれると、相手は「自分の話に興味をもってくれていたんだ。」と嬉しく感じます。

他にも、「今日お天気のニュースで○○さんの地元が中継されていて、つい気になって観てしまいました!」という話から、地元の話や子供のころの話等に発展していったり、「今度行ってみたいです。」という会話に繋がっていけば、この先の交際がスムーズに進む良い流れを作るきっかけになるかもしれません。

ちょっとした日常のひとコマで、人となりを伝えるのも効果的

どんな風に会話を切り出したらよいかわからない、という場合には、写真やスタンプを上手に使うのもオススメです。

「おはよう。今から仕事に行ってきます。」というような内容は文章だけだとありきたりな物になってしまいがちですが、そこでスタンプを1つ添えるだけで一気に堅苦しさがなくなり、会話の距離がグッと縮まります。
「毎日同じような内容しか送れていない」と悩む方は自分の感情を代弁してくれるようなスタンプを活用すると、同じような内容でもマンネリ感を避けられそうです。

もうひとつ有効活用していただきたいのが、写真です。
「今日は夕焼けがとても綺麗だったのでおすそ分けします。」と画像付きで送ってみたりするのも、綺麗な風景を共有したいという気持ちが伝わります。
なかなか会えない場合などは、日常の風景を切り取って伝えることでお互いのことを更に知れるので、有効的に活用してみてください。

LINEのやりとりでのNG行為

返信の催促

お相手からの返信が遅いと、嫌われたのかな?気に障ることを言ってしまったかな?と不安になりますよね。
でもそこで不安を打ち消すようにLINEを追加していくのは逆効果です。

仕事や用事で返信が出来ない場合もありますし、もしかしたら、お相手にとってはじっくり考えなくては答えられないような内容だったかもしれません。
すぐに返信を求めるタイプの方と、じっくり返信したいタイプの方では、そもそも返信への価値観に違いがあります。
自分の価値観のみで判断しないよう、焦らずに一旦待ってみましょう。

質問攻め

LINEのやりとりを続けるためには質問で終わらせる、といった恋愛攻略が一般的であったり、お相手のことを知りたいという気持ちが先走って、ついつい質問攻めになってしまうことがあります。
しかし、一方的な質問ばかりでは、相手は一問一答を受けているような気持ちになってしまいます。

大切なのは、会話をしながらお互いのことを知っていったり、コミュニケーションを深めていくことです。

もちろん、相手のことを知りたいと思う気持ちを抑える必要は無いので、聞きたいことがあったら質問してみましょう。そこで「では次の質問です!」とならないように、答えてもらった質問の返信から、更に話題を深めていけると理想的です。

長すぎる文章

伝えたいことが多すぎて長くなってしまうのもLINEにおいてはNGです。
LINEの良さは、メールとは違って日常会話のようにリズム良く会話が出来る点です。

聞きたいこと、伝えたいことがたくさんあったとしても、要点をまとめて端的に伝えるように意識しましょう。
相手が返信しやすいような文章を送るのも大事なマナーです。
たくさん話したいことがあるなら、いっそのこと通話をしてしまったほうが良いかもしれませんね。

相手が未読、既読スルーの場合はどうする?

LINEの場合、未読や既読が確認できてしまうのが、良い部分でも悪い部分でもありますよね。
なにかやむを得ない事情によって、未読、もしくは返信が出来ずに既読スルーの状態になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、普通の生活をしていて2,3日以上スマホを放置する状況は稀ですので、返信がなかなか来ない場合は、お相手は連絡を取り合うことに積極的な気持ちでは無いと判断しても良いかもしれません。

相手からの返信がなかなか来ない場合は「何日もお返事が来ないのは辛いです。」とハッキリ伝えてみましょう。
こちらが納得できる理由であったり、改善がみられたら良いですが、もし状況が変わらないようでしたら今回はご縁が無かったのかな、と判断して次の出会いにシフトチェンジしていくことも、婚活においては重要なことです。

LINEの効果的な使い方

気持ちを形で届けられる「LINEギフト」を活用する

ちょっとした気持ちを形で届けたい時に便利なのが「LINEギフト」です。
お相手が仕事で忙しくなかなか会えない時に「お疲れ様です。こちらで少しでも疲れを癒してもらえたら嬉しいです。」と言ってコーヒーチケットやスイーツのギフトチケット等を贈れば、会えなくても「お疲れ様」の言葉と共に差し入れをすることが出来ます。

言葉をかけてくれるのも嬉しいですが、形で伝えてくれるのは誰だって嬉しいものです。
コーヒーショップのドリンクチケットのようなものなら押しつけがましくなく贈れるので、こんな気持ちの伝え方も、時には新鮮で良さそうです。

まとめ

  • LINEの頻度、内容は相手と波長を合わせる
  • お互いに無理をせず、「自分はこうしたいけれど良いですか?」と話し合ってみる
  • 食べ物や行きたい場所の話題は今後のデートにもつながるのでおすすめ
  • スタンプや写真を有効的に活用
  • LINEのやりとりは、自分本位にならないように気を付ける
  • 未読、既読スルーが続くようなら交際自体を考え直してみて
  • LINEギフトでちょっとした気持ちの贈り物

今回はLINEのやり取りについてまとめてみました。
色々お伝えしましたが、メールなどと違って気楽に会話が出来るのがLINEの良いところです。
構えすぎず、自分の素直な気持ちは大切に守って、便利なコミュニケーションツールとして活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

高野 千恵

【この記事の筆者】
静岡婚活サロン クローバー カウンセラー
ー------------------------
”孤独になりがちな婚活をひとりにさせない”をモットーに、あなたの一歩踏み出す勇気のお手伝いをします。

関連記事

  1. 男は視覚で恋をする

  2. 婚活成功のカギはイメトレにあり!

  3. 目標管理で”成果を出す婚活”のすゝめ

  4. 幸せの定義

  5. あなたの引き出しはいくつ?

  6. 婚活のテンポアップ!お見合いパーティを有効活用しよう

  7. 「選ばれる人がしている7つのこと」<男性編>

  8. 【自己紹介】 渡邉 祐子

  9. カウンセラーと歩む入会1ヶ月!

人気記事ランキング

PAGE TOP