お見合いがなかなか決まらない…プロフィールは大丈夫?!

東海の婚活メディア『Fromeeee』を運営しております伊藤和也です。
名古屋駅のお隣、国際センターでサービス業特化型の結婚相談所Épouser nagoya(エプゥゼ ナゴヤ)を運営しております。

結婚相談所や婚活アプリで婚活をスタートした方がまず初めにぶつかる壁が『マッチング』ではないでしょうか。
『お見合いがなかなか決まらない…』という悩みを持つ方も多くいらっしゃると思います。
もしかしたらご自身のプロフィールが原因の一つかも。

そこで今回は婚活の成功率を高めるためのプロフィール作成についてお伝えします。
是非プロフィールの作成時や修正時の参考にしてみて下さい!

-Contents-
1. そもそもなぜプロフィールが大事なのか?
2. お相手に好印象を与えるプロフィールのコツ
3. まとめ

1. そもそもなぜプロフィールが大事なのか?

婚活を始めたら素敵なお相手とのご成婚を目標にしますよね?
そんな目標に対して、まずはスタートをきらなければいつまでたってもゴールに辿り着けない…

そのスタートをきるための鍵を握るのが…そう!プロフィールです!!

なぜなら相談所のプロフィールは就活における履歴書の様なもの。
この段階でお相手に興味を持ってもらえなければ会うことさえできない。

しかしここで難しいのが、希望の企業に向けて書く履歴書と違い、婚活のプロフィールは『不特定多数』のお相手に向けて作成しなければならないという点。
だから多くの方があまり深く考えず無難なプロフィールになりがちなんです!

理想のお相手と出会うため、また会う前の段階であなたという人をイメージしてもらうために、自身の考えや生き方・ライフスタイルなどを整理し必要な情報がしっかりと盛り込まれた選ばれやすいプロフィールに仕上げることが重要です!
婚活に対する本気度を誠実かつ正直にカタチにしていきましょう!

2.お相手に好印象を与えるプロフィールのコツ

それでは具体的にマッチングの成功率を高める様なプロフィールのコツを見ていきましょう。
ここで意識してもらいたいのが、『自分が知りたい情報はたいてい相手も知りたい場合が多い』ということ。
どんなことを書いたら自分のことを理解してもらいやすいか、しっかりと内容を精査・整理してあたたの分身となるようなプロフィールを目指しましょう!

基本情報は正確に、嘘や誤りの無いように!

生年月日や現住所・身長など基本的な情報は間違いの無いように書きましょう。
また、学歴や職業・年収・婚姻歴などは絶対に嘘・偽りの無いように!
良い出会いがあっても嘘の発覚により破局につながることもありえますし、職業や年収などの虚偽記載については最悪の場合退会させられてしまうケースもあります。

全項目を適切な長さにまとめる

自己紹介などの文章として書く項目は適切な長さにまとめることを意識しましょう!
一般的には200~400字程度が読みやすい文字数と言われます。
これが短すぎると熱意が伝わらず、長すぎると最後まで読んでもらえない可能性があります。
相手にきちんと読んでもらい且つ自分の想いや熱量を伝えるため、言葉選びや文章量に気を配りながら書くことが重要です。

相手が知りたい情報を意識して盛り込む

相手が知りたいであろう情報をプロフィールにきちんと盛り込むことで、相手の不安や疑問を早い段階で解消することができます。
『自分だったらこんなこと知りたい!』と思う情報は、しっかりと自分のプロフィールに網羅しましょう。

自分の事を想像できるような言葉を入れる

ありきたりな文章ではなく、具体的に自分の言葉で興味のあることやどんな生活をしているか・思い描く将来のことなどを盛り込むことにより、会ったときにどんな会話ができるのか、相手がイメージしやすくなります。

ネガティブワードはポジティブワードに変換

婚活の場では少しでもマイナスイメージは払拭しておきたいもの。
ネガティブな言葉は使わず、短所と思われる点もポジティブな言葉に変換しましょう。
例えば、真面目過ぎ→誠実、優柔不断→じっくり考えるタイプなど。
ただし先程から言っていますが絶対に嘘はダメですよ!

 

性格は客観的評価(周りから言われること)として書く

自分の性格は職場や友人からの客観的な視点で書くと信頼性が増します。
主観と客観を意識して、ここでもポジティブワードを使い短所も記入します。
客観的評価による長所だけではなく短所も記載ことで、プロフィールの人物像に人間味や深みが生まれます!

趣味や休日の過ごし方は具体的に

趣味や休日の過ごし方は、人柄が一番伝わりやすい項目です。
そして、その人の価値観を知ることで性格的な相性を確かめることができ、また、結婚生活においての相性を見極める重要なチェックポイントにもなります。
相手との共通点をたくさん作るうえで具体性がとても重要です!

結婚の本気度を伝える

婚活をするうえでどれぐらい結婚に対して真剣かどうかは、お互いにとても気になる部分です。
結婚の本気度を伝えるため、婚活に取り組む姿勢や想いをアピールしましょう!

理想の結婚像(結婚生活)はイメージを大切に

婚活をしているわけですから自分の理想とする結婚像は自己PRに盛り込み、早めに伝えられるようにしましょう!
そしてどんな結婚生活が理想なのか、例えば『仕事と家庭のバランス』や『どんな家に住みたいか』『結婚してからの二人での過ごし方』など、相手がイメージし易いように具体的に書くこと。
しかし、子供のことやお互いの仕事のこと・親との関係性の理想などをあまり細かく書いてしまうと相手に重く感じさせてしまうかもしれません。
細かな要望に当たるようなことについては、後々のお互いの関係性を深める時間で話し合ってもいいかもしれませんね。

相手への希望は幅広く当てはまるような表現を

『笑顔で明るい人』『〇〇が得意な人』『有名人の○○似の人』など、相手へ望む細かな条件もあるかと思います。
しかし、相手への希望をあまり具体的に書いてしまうと出会いのチャンスを狭める原因となります。
プロフィールの段階では、できるだけ多くの相手に出会える書き方を心がけましょう!
また、やや抽象的に多くの相手に当てはまるような表現でまとめることにより、マッチングのチャンスも広がります!
自分では選ばなかったこれまでにないタイプの相手が案外運命の人だったりするものです。

3. まとめ

プロフィール作成におけるコツや注意を簡潔にご紹介しましたが、ご自身のプロフィールはうまく書けているでしょうか。
今回ご紹介した内容に沿ってプロフィールを作成しようとしたら…結構な労力ですよね。

しかし、プロフィール次第で実際に会えるかどうか決まると言っても過言ではありません!
だってあなたもお相手のプロフィールを見て会いたいか会いたくないか決めてますよね。

婚活は普段の生活やお仕事との両立でとても大変かもしれませんが、婚活成功の鍵を握るプロフィール。
スタートダッシュを決められるよう、時間をかけて丁寧に、客観的な視点でプロフィール作成に望みましょう!

そして作ったプロフィールは人からどう思われるかがとても大事なので、実際に友人などに読んでもらい添削をお願いするのもオススメです。
結婚相談所の会員の方は、数多くのプロフィールに触れてきているカウンセラーがプロの目線から助言をしてくれるはずです!
困ったら遠慮せずに相談するようにして下さいね。

皆様の素晴らしい婚活ライフの幕開けをお祈りしております!
最後までお読み頂きありがとうございました!

伊藤 和也

ーこの記事の筆者ー
《サービス業特化型》婚活サロン Épouser nagoya 代表カウンセラー
----------------------------------------------
ウエディングで音響オペレーターもこなす現役バリバリのブライダルプランナー。
長年接客業に携わってきたからこそわかるその悩み…
結婚のプロが得意のヒアリングであなたの出会いもプロデュースします!

関連記事

  1. 交際してもすぐお断りになる男性

  2. 芸人のコンビ仲は尊い

  3. 「良い人がいない」発言の罠

  4. お見合いでお断りになる事例

  5. 💛何がわかるの?”婚活診断”💛

  6. 保護中: パートナーと最高の関係を築く為に

  7. 婚活を始める前に知っておいてほしいこと

  8. カウンセラーと歩む入会1ヶ月!

  9. 婚活モチベーション

人気記事ランキング

PAGE TOP