お見合いがうまくいかない男性必見!!〇〇していますか?5選

皆様こんにちは!!

東海婚活メディア『Fromeeee』をお仲間と一緒に運営しております、名古屋寺婚Mark(マーク)の丹羽 浩加です。
本記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は【お見合いがうまくいかない男性必見!!〇〇していますか?5選】という内容です。

結婚相談所では、初対面でお見合いを行います。お見合いでお相手から「交際希望」をいただかなければ、プレ交際に進めず、デートすらできません。
つまり、お見合いを成功させることが、成婚するためにはとてつもなく重要なのです!!
とは言え、なかなかお見合いがうまくいかなくて悩まれている男性は多いのではないでしょうか?
そんな方はぜひこの記事を読んで、「これはできていなかったかも・・・」と感じる項目があれば、明日からのお見合いで実践してみてくださいね!!
 【あなたは、お見合いで〇〇していますか?5選】

1.会った瞬間に「ありがとう」を伝えていますか?

「第一印象は大事!出会って3秒間で第一印象は決まる!」など、よく耳にするかと思います。
まさにその通りで、第一印象はとってもとっても大事です。
また、第一印象は半年間持続するというデータもあるくらい、その後の関係性にも関わりを持ちます。
第一印象を良くすることが超重要なのです。

そこで第一印象をより良いものにする為に効果的なのは、
会った瞬間にお礼を伝えるということです。

最初のお声がけの例
「●●さんですか?初めまして。〇〇と申します。本日はお越しいただきありがとうございます。よろしくお願いします!!」

明るく笑顔で伝えれば、第一印象バッチリです♪
「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる方はまずいらっしゃいませんし、感謝の言葉はポジティブなエネルギーを生み出します。お礼を言われ感謝されると、来て良かったなと感じるものです。
「ありがとう」という言葉はたった5文字で非常にポジティブな力を持つすごい言葉なので、ぜひ積極的に伝えましょう。

2.お相手の「目」を見ていますか?

こちら、意外とできていない男性が多いのです!!
当相談所でも、「一度もお相手と目が合わなかった」といった理由でお断りになったケースが過去にありました。
では、なぜ目を見て話すべきなのでしょうか?
大きな理由は、 目を見て話すことで、相手に対して”誠実さ”や”信頼感”を伝えることができるからです。また、お相手の話を真剣に聞いていると感じさせることができます。
逆に目が合わないと、不信感や不誠実な印象を与えてしまい、さらに興味関心がなさそうと思われてしまい、それだけで気持ちはあっという間に下がってしまうのです。
男女問わず、誰だって自分の話に興味関心を持ち、真剣に聞いて下さる方に対して好感を抱きますよね!!
目を見てお話しするのがどうしても恥ずかしくて苦手という方は、最初は眉間や鼻のあたりを見るようにします。そして、慣れてきたら徐々にお相手の目を見てお話しするという方法がおすすめです。

3.話す割合は「お相手7:自分3」を意識していますか?

この割合を見た時に、お見合では自分の方が多く話していたかもしれない...と思った男性は要注意です!!
お相手の反応がいまいちだったり、沈黙になりそうになると、それを埋めなきゃと場を必死に盛り上げようとして、自分の話を話しまくっていませんか??
お気持ちは分かります!!!ですが、それは残念ながら逆効果です。

まず、お見合いの考え方として「自分を知ってもらわないと」「自分のアピールをしないと」「盛り上がる面白い話をしないと」という考えはあまり持たない方が良いです。

お見合いでは下記のような考え方を持つことが大切です。
「お相手の事を知りたい」「お相手のお話をもっと聞きたい」
お相手から自分がどう見られるかを気にしてばかりではなく、あくまでも「お相手に興味を持つ姿勢」を持つことが重要です。

それでは具体的にお相手に話してもらう方法をお伝えしていきます。
まず、お相手に対して興味関心を持ちながら、「はい」「いいえ」で答えられる質問ではないオープンな質問を投げかけます。
返ってきた答えに対してリアクションを取り、共感と関心を示します。そして、その答えに対してさらに深堀った質問をしていきます。
「なぜそう思ったのですか?」「具体的にはどのような事があったのですか?」
といった質問は、さらに話を深められるので効果的です!
沈黙を恐れず、上記を繰り返すことでお相手は、「自分の話に共感してくれた・興味を持ってくれた」と感じ、好印象を抱きます。
お見合いでは聞き上手になりましょう!!

4.「好感を持った気持ち」をお相手に伝えていますか?

お相手女性とお見合いした際に、心の中で「とっても素敵な女性だ!!プレ交際に進みたいな!!」と思ったご経験はありますか?
そんな時は、ぜひお相手に言葉で「好感を持った気持ち」を伝えるべきなのです。
ここで注意なのは、
「スタイル良いですね」「綺麗ですね」「顔がタイプです」「かわいいですね」
このような容姿のみの褒め言葉は、初対面ではNGです。下心を感じさせる可能性があるので避けるべきです。

それでは、好感を持った気持ちを言葉にするとはどういうことなのでしょうか?
具体例は下記です。
「〇〇さんはとても努力されたのですね。尊敬します!」
「〇〇さんは、とても誠実な考え方ですね。正義感が強いのですね。」
「〇〇さんは明るい方なので、話していたらこちらまで元気をもらえます!」
ほんの一例ですが、こんな言葉を掛けてもらうと素直に嬉しいものです♪
お相手は好意を持ってくれていると感じる事で、あなたに安心感と信頼感を持ちます。
「考え方」や「行動」や「性格」などの魅力的な部分をお相手には積極的に伝えましょう。

5.お相手の「お名前」を呼んでいますか?

名前を呼ぶことは、小さな行為ですが、その効果は絶大です。

お見合いの席だと、名字+さん付け呼びになります。(IBJの場合)
名前は、その人にとって小さい頃から聞き続けている単語です。信頼感があり、聞き心地の良い単語なのです!
つまり、心理的な安心感を与えることができ、より良いコミュニケーション効果が期待できます。

質問をする時など、会話の中でお相手のお名前を呼ぶことを意識しましょう。
「飲み物は何飲まれますか?」ではなく、
→「〇〇さんは飲み物何を飲まれますか?」

「趣味は何ですか?」ではなく
→「〇〇さんの趣味は何ですか?」
といった使い方です。

お見合いの席で名前を呼ぶことで、相手に対する関心と敬意を示し、良好な関係を築く第一歩を踏み出すことができます。
適度に名前を使いながら、自然な会話を楽しんでください♪

最後に

いかがでしたか?

1.会った瞬間に「ありがとう」を伝えていますか?
2.お相手の「目」を見ていますか?
3.話す割合は「お相手7:自分3」を意識していますか?
4.「好感を持った気持ち」をお相手に伝えていますか?
5.お相手の「お名前」を呼んでいますか?

ぜひ、上記を参考にお見合いに挑んでみて下さい!!交際成立率が大幅に上がるかもしれませんよ!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
読者の皆様の婚活がうまく進展することを心より応援しております!

名古屋寺婚Mark(マーク) 丹羽 浩加

関連記事

  1. 笑う門には福来る

  2. 「良い人がいない」発言の罠

  3. 「選ばれる人がしている7つのこと」<男性編>

  4. 女性が青ざめたドライブデート【婚活女性のリアルエピソード】

  5. 目標管理で”成果を出す婚活”のすゝめ

  6. お見合いでお断りになる事例

  7. 婚活成功の秘訣

  8. デートプランマニュアル

  9. 【自己紹介】朝倉美由紀

人気記事ランキング

PAGE TOP