婚活男性が思う「もう会いたくない」女性の特徴

東海婚活メディア『fromeeee』を東海地区の結婚相談所のお仲間と運営しております。
みずたま婚活salon代表の森です。

出会いは一期一会。
婚活をしていると普段では考えられないような人数の異性と出会うことになります。
そして、それと同じぐらいの別れも経験します。
結婚する人はたった一人になるので、それ以外の人とはご縁がほどけてしまうのは当然のことです。
かといって、せっかくの出会いを無駄にしてはいけません。

「もうこの人と会いたくないな…。」

そう男性から思われたくはないですよね。
一度、そう思われてしまうと、そこからの挽回はかなり難しくなります。
今回はそうならないために、男性がもう会いたくないと感じる女性の特徴を書いていこうと思います。

リアクションが薄い

これは弊社会員様からも実は結構聞いたりします。
お見合いの時のお相手のリアクションが極端に薄いと、この女性は自分といて楽しくないんだろうな…。そう考えてしまいまた会いたいと思うことはないです。
緊張をしているだけかもしれませんが、お相手男性の会話にはしっかりとリアクションをとってあげましょう。

ネガティブで暗い

一切、弱音を吐かないで!というわけではありません。
でも、初めて会っていきなりネガティブな会話や雰囲気の女性に男性は惹かれることはありません。
せっかく会えることを楽しみにしていたにも関わらず、誰かの悪口や批判が目立ってしまうと、一緒にいる時間が楽しいわけはないですよね。
また、過度な自虐ネタもお見合いではしない方が無難です。
たとえ謙遜でも、「私なんか…」と否定的な表現が目立つ人も、「これ以上話したくない」と思われやすいので要注意です。

スペックの話しかしてこない

将来的なことを考えると、お金は大切です。
でも、そればかりに気に取られてしまうと男性からすればお金目当てなの?と思われてしまいます。
質問をしてくれることは嬉しいことですが、過度になってしまうと評価をされているように感じてしまったり、面接を受けているように感じてしまう男性もいます。
そういった女性とは、ウンザリしてしまって「もう会いたくないな…」って思われてしまいます。
まずは、内面やその男性の話に耳を傾けていきましょう。

おごってもらって当然だという態度

弊社が加盟しているIBJでは、お見合いの時の飲食代は男性会員様が支払うとルール決めされたいます。
そのため、女性側はルール上、支払いをしなくていいのです。
でも、お相手男性は飲食代を出しているので、感謝の気持ちはあってもいいかもしれません。
そして、その後の仮交際時のデートでも男性会員様が出してくれることが多いですが、会計時に財布を出さず、「おごられるのが当然」という態度をする女性。

「勘違いしている」「感じが悪い」

そう男性は思っています。
おごってもらうにことを当然と思わずにしっかりとお礼を伝えることや、次回は私が出しますね。などの言葉や行動は必要です。
相手に負担を負わせ続けていては、結婚後もそうなってしまうのかと男性は感じてしまいますから「もう会いたくないかな…」そう思ってしまいます。

お相手を思いやす気持ちは大切。

「また会いたいな!」と思ってもらうためには、まずはお相手男性の視点に立つことって非常に大切だったりします。
一緒の時間を過ごすわけですから、その時間をお互いに大切に楽しんでいきたいものです。
男性が居心地の悪さを感じてしまうと「もう会いたくないな」と思われてしまいます。
明るい笑顔を心がけ、男性の気持ちを思いやりながらテンポよく会話のキャッチボールを交わすことができれば、「気が合う」「一緒にいたい」「また会いたい」と思われる女性になれるでしょう。

みずたま婚活salon 森

関連記事

  1. ■IBJのお見合い■『お見合い当日緊急連絡機能』の効果的な使い方

  2. どうしたら会話上手になれるかお教えします!

  3. 婚活中のデート代『奢り・割り勘』成婚率が高いのは?!【男性編】

  4. 『男性20代 40%』何の数字??

  5. 交際に繋がる出会いをつくるには

  6. 結婚はゴール?

  7. 女性にモテる!春の婚活ファッション

  8. 【自己紹介】 三井 武

  9. 接客業のプロが直伝!距離感を縮める会話テクニック8選

人気記事ランキング

PAGE TOP