40代から婚活を始めた男性の悲惨な現実

婚活メディア『Fromeeee』のブログをご覧いただきありがとうございます。
結婚相談所ブライダルサロン未来応援の代表カウンセラー朝倉美由紀です。

本日は男性に向けてドキッとする内容でお届けします。「40代から婚活を始めた男性の悲惨な現実」というお話です。

これから婚活を始めようとしている40代男性が「自分は正社員で真面目に働いているし、まぁ普通にちゃんとしてるから結婚相談所に入会したらすぐに相手は見つかるでしょ、大丈夫」って安易に思っているとしたら要注意ですよ!ということを伝えたいです。

仕事が忙しくて女性との絡みがないまま気が付いたら40代になっていた→早く結婚を決めたいから結婚相談所で活動しよう→自分は学生時代にはある程度モテていたから、こっちからアプローチしたら簡単に女性とお付き合いできるだろう。

もしそんな風に思っていたら相当ヤバいです。婚活はやみくもに始めてうまくいくものではありません。

婚活市場で一番優位であるのは「若さ」です。年齢がどんどん上がるとそれだけ若さという強みが減っていくのです。これは男性も女性も同じです。

40代以上の方が婚活を始めるなら戦略が絶対に必要なんです。

・いつの間にか婚期を逃しかけている
・なぜか最近全然女性に見向きされない
最短で結婚して早く結婚生活を始めたい

一つでも当てはまる方は、ぜひ最後までご覧ください。

40代男性はどこで婚活したらいいか?

まず、婚活を始めるとなると、どこでどんな活動をするかということになります。
40代男性の婚活には結婚相談所をオススメしたいです。

これは私が相談所を運営しているから言っているわけではなくて、ちゃんと理由があります。

40代男性は、今結婚できていないという現実をちゃんと受け入れないとダメです。

結婚に向かうためには、改善と実践を続けていかないといつまでたっても結婚できません。つまり今までと同じことをやっていたら同じ結果にしかならないということです。

自分一人でがんばるマッチングアプリや婚活パーティーでそれが可能でしょうか?

担当カウンセラーから的確なフィードバックをもらえるサポート体制が整った結婚相談所をおススメします。大手のネット系結婚相談所では一人のカウンセラーが担当する会員数が100人以上というところがあります。その場合はきめ細かなサポートは期待できません。逆に個別サポートよりも結婚相談所のシステムをサクサク利用したいという人には向いているでしょう。

事前にどのような料金体系で、具体的にはどんなサポートを受けられるのかしっかり確認することが大事です。またカウンセラーとの相性もありますので、無料相談などを利用して話を聞いてみるとよいでしょう。

悲惨な現実 その1「高望みしすぎる」

40代から婚活をして失敗する人の一番多い特徴は「高望みしすぎる」です。

40代男性が20代女性に申し込む。
50代男性が30代女性に申込む。
婚活していない人からすると、「え?そんなことあるの」って驚くかも知れませんが、実際には多いんですよね。

男性からしたら結婚相手の女性は若いほうがいいと思う気持ちは理解できます。
もしその男性が初婚で子どもを望んでいるのであれば、妊娠出産にリスクが少ない若い女性を選びたいですよね。

では、女性の側からしたらどうでしょうか?

28歳の女性が40歳の男性を選ぶ理由はありますか?
38歳の女性が50歳の男性を選ぶ理由はありますか?

多くの婚活女性は結婚相手の年齢は5.6歳上くらいまでをイメージしています。

28歳の女性なら男性は33歳くらいでしょうか。では40歳のあなたは33歳の男性と比べて、自分のほうが魅力が上だと感じられる部分はどこでしょうか?

圧倒的に稼いでいるとか、鍛えていて若々しいとか、家事がめちゃくちゃ出来るとか・・・

何かありますか?!

そういうものが何もなくて、一般的な普通のおじさん・・・みたいな人だったら女性側にはわざわざ選ぶ理由がありません。

「身の丈に合わない女性に申し込んでいたんだ」とまず自分で気づくことが重要です。

結婚したいと思って婚活をしているのに、女性に出会えなければ婚活をしている意味がありません。

会える可能性の高い「年相応」の相手を探すようにしましょう。

それでもどうしても若い女性とお付き合いしたいのであれば、誰よりも努力して、自分の強みを売りにしていくしかありません。女性側がメリットを感じることができれば交際に発展していく可能性はあります。自己分析も努力もせずに自分は若い女性がいいんだと言ってうまくいったケースは見たことはありません。

悲惨な現実 その2「誰にも選ばれない」

20歳も若い人にアプローチして断られ続け、あぁこれではダメなんだと気づいて、今度は自分と同い年くらいの人にアプローチしてみる。年相応の人に申込みしているのだからうまく行くだろうと思いきや、そこでも断られ続け婚活の厳しい現実を知る。

これ、あるあるです。

自分は年下どころか同年の女性にも相手にされないのか、という大きな衝撃でガックリきてしまいます。

一体何がよくないのでしょうか?

そんなときにカウンセラーからアドバイスをもらえるのが、結婚相談所のメリットです。
同年代であっても申込む相手を間違えていたらお見合いは成立しません。過去のデータからお見合いが成立しそうな相手を具体的にアドバイスしてもらうことができます。

婚活で選ばれる男性になるために

婚活は相手から選ばれるための活動なので、選ぶばかりでなくて選ばれるために女性の視点を持つことが本当に大事です。

女性の視点を持つということは外見のこと・内面のこと・どちらも婚活を成功させるための大きな鍵となってきます。わかっていても行動できない人が多い中、自分を見つめ直して変わろうと努力している人は女性から選ばれる人になっていきます。

例えば仕事やスポーツで目標とする人物やライバルがいる場合、その相手はいつも自分から見えている状態なので自然と競争心がわきます。相手と自分を比較して、今の自分の立ち位置やレベルというものが客観的にわかるから、気になる!勝ちたい!追いつきたい!となるのです。

ところが、婚活では比較するライバルが自分からは見えていません。なのでどうしても自分に対する評価って甘くなりがちです。”自分は性格が優しいから中身を知ってもらえれば好きになってもらえる”と考えがちなんです。

婚活市場ではあなたが想像する以上にライバルは多くてハイスペックで性格のいい男性がたくさんいます。そのことを理解して自分の婚活市場での価値を知るということは重要なことです。その上で、どうしたらお見合いが成立するかということを戦略として考えていかないと勝ち目はありません。

自分の分析ができること

◎行動できること

◎決断できること

◎軌道修正できること

これらをしっかり頭を使って考えていきましょう。

もし悲惨な現実をすでに味わっていて、ズルズル婚活を長引かせてしまっている方も安心してください。今からしっかり軌道修正していけば問題ありません!

わからないまま我流でやるのではなく、ぜひ第三者からの客観的な意見を取り入れて、正しい方法で婚活をしてみてください。

あなたの婚活が成功しますように!応援しています!

朝倉 美由紀

ブライダルサロン未来応援 朝倉美由紀

関連記事

  1. 結婚とは何か?

  2. 婚活モチベーション

  3. 【自己紹介】河村 香里

  4. 愛され女子が持つ『6つの特徴』

  5. 婚活をする時は「譲れない条件」 を明確にする

  6. 婚活は自己成長するチャンス!

  7. 合コンは流行らない!? 婚活サービスが流行に!

  8. 継続力がない人は婚活が苦戦する

  9. 婚活現場のアクシデント!どうする?!

人気記事ランキング

PAGE TOP